読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ぐうたら主婦のダイエット奮闘記

アラフィフの無理をしないメイク術

こんにちは、ほげ子です。

今日も歯磨きしながら朝ドラ→あさイチを観ていると・・・・・

メイク更年期という興味津々のワードが出てきたので、備忘録がてらまとめてみました。

 

美魔女には憧れるけど、彼女たちは特別お手入れをしてたり、努力の積み重ねで築き上げたもので、真似してもすぐにあんな風になれるわけない、ですよね。

若返りの背伸びをしたメイクではなく、今の年齢に合ったメイクが自分を輝かせる。

そんな大人のメイク術を紹介します。

あ、あさイチで紹介されてました。

 

大人のメイク術のキーワードは、

 1.透明感

 2.盛りすぎないアイメイク

 3.流行に左右されない眉

 4.チークは健康的に

 

それでは、ベースメイクから説明します。

 

 

 透明感のある肌づくり

  ①下地はカバー力よりもツヤ感を重視

  ②ファンデーションはリキッドタイプを使う

   手でやさしくつける

    f:id:hogemother:20170224170739j:plain

  

  ③シミはコンシーラーで隠す

    f:id:hogemother:20170224171024j:plain

    ★シミなどの気になる箇所はポイントで対応する。

    ★ペンシルタイプのコンシーラーは、

     肌に垂直に当てると濃くつきすぎるので平行に当てる

 

 

アイメイクは盛りすぎない

 ①濃いブラウンを指一本分の幅で塗る。

    f:id:hogemother:20170224180321j:plain

 

 ②追いシャドー

    目尻の下側にも濃いブラウンのシャドーを塗る。

    f:id:hogemother:20170224180451j:plain

 

 ③目頭にハイライトを入れる

    パール入りピンクホワイトを塗る 

    f:id:hogemother:20170224180542j:plain

    ★光と影が入ることで目が立体的になって左右に大きく見える。

 

 ④アイラインはリキッドタイプ

    目尻を太く描く

    f:id:hogemother:20170224180646j:plain

    ★目尻を太く描くと目元が大きくなる効果がある。

    ★リキッドタイプはよれにくいので40代以上にはオススメ。

 

   その後、綿棒でぼかす

   f:id:hogemother:20170224180728j:plain

   ★盛りすぎないように綿棒でぼかす。

   ★グラデーションができ自然な感じになる。

 

 

 眉の描き方

   眉の黄金比

   (これを覚えておくとどの時代でも通用するらしい)

   f:id:hogemother:20170224180901j:plain

   ★眉頭の先端は鼻筋と目頭の間の最もくぼんでいるところ。

 

 

チークは濃いピンク

   いったん粉を落としてからつける

   f:id:hogemother:20170224181023j:plain

   ★いったん粉を落とすことで付けすぎを防ぐ

   ★無難なベージュやオレンジを選びがちだけど、

    健康的に見えるのでぜひ挑戦してみよう。

 

つける場所

   黒目と小鼻の延長線上から外側につける

   f:id:hogemother:20170224181113j:plain

   ★最近は高い場所に入れるのが流行っているが、

    大人の場合可愛くなり過ぎるので注意する。

 

 

大人のメイク術、いかがでしたか。

 

 f:id:hogemother:20170224181205j:plain

 写真を比べると、右の方が若々しいですよね。

前髪を少し下ろしているせいもありますが、テレビでは小顔効果もあるって

言ってました。

確かにツヤがあった方が、光の当たり具合でシワやシミも軽減されるようです。

リップについては説明はありませんでしたが、上の写真ではツヤ感のある色味の濃くないもののようです。

 

ちなみにほげ子はファンデーションはパウダータイプを使っています。

パウダータイプの方が肌への負担が少ないそうです。

でも、パウダータイプは粉っぽくなってしまうのが欠点ですよね。

ほげ子の使ってるSOFINAプリマヴィスタディアは、化粧パフの細かい毛により、ベタッとつかないナチュラルな感じなのでお気に入りです。

 

日常生活の中では、盛りすぎないツヤ感の方が好感もてますよね。

ほげ子も早速頑張ってみます。

あ、ダイエットも頑張らないとね!